カテゴリー
News Tech

ビットコインが50000ドルを突破し、広範な取引承認に向けた楽観を高める

ビットコインは火曜日に画期的な動きを見せ、2年以上ぶりに50000ドルを突破しました。価格の急上昇は、アメリカの仮想通貨についての幅広い取引の承認が行われることを期待している投資家たちの楽観を引き起こしました。ビットコインの最近の成功は、アメリカの議員たちがその価格を追跡する上場投資信託(ETF)の作成を許可し、直接購入することなく一般の人々が仮想通貨に投資する手段を提供するという期待によるものです。

ワシントンの承認による先月の一時的な下落に続いて、ビットコインは立ち直り、1月22日以来25%の増加を経験しました。ブルームバーグのデータによると、ビットコインの価格は驚異的な50028ドルまで上昇し、2021年末以来の最高値を記録しました。アナリストたちは特に将来について楽観的であり、さらなる上昇が予想されています。Copper TechnologiesのFadi Aboualfaは、数週間にわたるポジティブな相場がもたらす現在の勢いが続くことで、市場に参入するエンスージアストが増えるにつれて、数週間後に10%以上の価格上昇が起こりうると説明しています。

火曜日の0330 GMT時点で4950ドルまでわずかに下落しましたが、ビットコインは仮想通貨業界での一連の逆風に立ち直りの道をたどっているようです。特に、2番目に大きい仮想通貨取引所であるFTXの崩壊と、マネーロンダリングの違反による世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスのCEOであるChangpeng “CZ” Zhaoの辞任が業界の安定を揺るがしました。しかし、最近の価格の上昇により、新たな投資家の信頼の波が起こっていることが示されています。

さらに、ビットコインの値上がりは、アメリカ連邦準備制度理事会が今年のインフレの低下に伴い、金利を引き下げるという期待によってさらに後押しされています。また、ビットコインは「ハーフ」(半減)と呼ばれる供給制約も受けています。このイベントは約4年ごとに起こり、ビットコインのマイニングの報酬が半分になるため、供給が制限されます。次のハーフイベントは5月に予定されており、供給不足が起こる可能性が高まっています。

ビットコインはまだ2020年の約69000ドルの史上最高値には達していませんが、最近の価格の急上昇は仮想通貨の回復を意味しています。規制当局の承認と市場の楽観的な見方を背景に、ビットコインは依然として投資世界を引きつけ、デジタル通貨取引の新たな時代の道を開いています。

ビットコインFAQ: